www.floridapanthersalumni.org

お店で全てのクレジットカードが決済できるのでもありません。◆クレカの契約店はだいたいときには5を超えるカード会社と契約していますが不便ですが全ての契約店でみなの使えるのではありません。一例をあげると昔からあるお店のときにはJCBのマークの書いてあるそのカードしか使えない状況もあるし新しい店舗だったりするとVISAとマスターといったロゴの書いたものだけしか切れないときもあるものです。ディスカバーなどのクレカの場合はさらに決済できないショップが増えるのではないでしょうか。どの所有クレジットカードが決済可能かというのをどのように見分けるといいの?「ならばどうやって何の印の所有カードが使えるか確かめたらいいか?」というと、正しく見るには商店の店員に見せてみるほかないていうのが実のところその答えになります。ただし多くの商店やホテルにはお店の入口のスペースに決済可能なカードのロゴが入った認証マークが掲示されていることから「そうか、そこの店舗ではアメリカンエキスプレスカードが使えるのだな」といった感じで不安にならないようになってるし安心してもらえると思います。十分に案内が行き届いていないお店の場合には、シールが掲げられている店舗でも「現在では××クレジットカードはご使用になれません」みたいな案内をされてしまうケースもあるためとまどってしまうこともなくもないです。欲を言えばできる限りは十分な数のショップでカードが切れるようにする目的を考えると、異なる種類のロゴ(海外印)が書かれている一般的なビザカードMasterCard、JCB、ダイナースカード、アメックス、ライフカード、というようなクレジットカードを2、3枚使えるようにしておくようにするとよいでしょう(例:JCBを持っているなら二枚目はダイナースカードがついているカードを携帯するようにする等)。特に国内使用のみなら、VISA、マスターカード、JCBの3つのロゴが入っているクレジットカードをいつも所持していれば、返済状況に問題がない限り日本全土の加盟店でどれかしらのクレジットカードを決済する機会があります。カードを契約して日々スマートな支払いを目標とするのであればできる限り早めに別々のクレジットカードを所有しておいてほしいとおもいます。

Link

Copyright © 1996 www.floridapanthersalumni.org All Rights Reserved.