www.floridapanthersalumni.org

為替の介入というのをご存知でしょうか?日本銀行が為替介入をして新聞記事、テレビ番組、グーグル等の報道で見られたみなさんもたくさんいると思います。元来為替介入は我が国では、・大臣(財務大臣)為替のレートの安定化を実現するように遂行する手段ということで考えられています。わかりやすく言えば、極度の円高もしくは円安の場合に財務大臣の命令に従って中央銀行(日本銀行)円の売り買いをして為替レートの安定性を狙う、といったものです。為替介入(外国為替平衡操作)とは方法があるのです。1.単独介入・・・政府・日本銀行が、東京市場の中で自ら市場に入って来て外国為替平衡操作(為替介入)をする。2.協調介入・・・複数の通貨当局が話し合い各々の通貨当局の資金を利用して一緒あるいは続けて為替介入(外国為替市場介入)して行く。3.委託介入・・・異国の通貨当局に向けて介入を任せる。4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が他の国の通貨当局の代わりに為替介入(外国為替市場介入)をする。このように方法です。どの種類の外国為替市場介入(為替介入)もその場、あるいは引き続いて為替レートにインパクトを与えるのです。為替介入(外国為替平衡操作)のお金は当然ですが国家の権威をかけているだけにスケールが違うのです。円を基本にして考えると、日頃は数銭単位で変化している為替レートが唐突にかなり動きをするのです。個人投資家の方であれば一回くらいは経験していると思うのですが、これまでは順当に含み資産(または含み損)が増加していた保有高をキープしていたところへ、保持している持ち高が決済したとのことで通達が業者からEメールが届き・・・どのくらい利益が出たのかな(損失が出たのかな)?と気にしながら決済の情報を確認したら、自分で予想していたものとは反対の事となってしまい驚いてしまったという話がよくありました。為替の介入が行なわれた場合によく聞く話なのです。この例のように為替の介入を施行すると、為替市場の動向と真逆の動向をすることがわかります。しかも変動する額の範囲はものすごく大きく大きく動くため用心が必要です。

Link

Copyright © 1996 www.floridapanthersalumni.org All Rights Reserved.